老後の備え(遺言・任意後見など)について

少子高齢化社会において、近年,老後の備えとして、①遺言②任意後見契約及び③尊厳死宣言(終末医療に関する宣言)への関心が高まっています。また,これに加えて④民事(家族)信託契約にも関心を寄せる方が増えているように思います。

遺言には,自筆の遺言と公正証書による遺言があります。自筆の遺言書はこれまで様式が厳しかったのですが,やや緩和されましたし,令和2年7月10日からは法務局での保管制度が始まります。自筆遺言と公正証書遺言はそれぞれ違いがありますので,どちらを選ぶかは十分に検討する必要がありますので,ご相談ください。

任意後見契約には,関連する契約として,財産管理委任契約,継続的見守り契約,死後の事務処理に関する委任契約などがあり,これらの契約と一体として締結する方も少なくありません。

遺言も,任意後見契約も,尊厳死宣言も,本人の判断能力が衰えていたり,障害で自分の気持ちを表現できなければ難しいです。まだ大丈夫だと思っていたために,結局タイミングを失うこともありますので,少しでも早めに準備されることをお勧めします。

最近は,民事信託契約,中でも家族間における信託契約への関心が高まっています。遺言や任意後見契約よりも使い勝手が良いと言われていますが,違いをよく知ってから利用を考えるべきだろうと思います。

当事務所におきましても、これらの証書作成につき、できる限りご本人のご希望に沿うものができるよう、お手伝いをさせていただきます。

詳細は,「業務内容」に説明していますので,ご覧ください。